カラコン(カラーコンタクト)の危険性も知っておこう!

カラコン(カラーコンタクト)は、瞳を大きく見せる為やファッション性、コスプレイヤーの方々のコスプレ使用によって、今では幅広く使用されています。しかし、その一方で、カラコンによる目のトラブルも多発しており、カラコンには危険性もあることを重々知っておくことが重要です。

使用する際には正しい知識を持ち、危険性を理解したうえで使用するべきです。

そこで当サイトではカラコン(カラーコンタクト)の危険性や注意点などを中心に、カラコンについて詳しく紹介しています。

”おしゃれ用”と”医療用”の2種類のカラコン

カラコンは大きく分けて2つの種類に分けられます。

1つは目の色を変えて楽しむ”おしゃれ用”のカラコン。これは目の色を変えるだけなので雑貨品として分類されており、通販などで購入することができます。

もうひとつが眼科で販売されているカラコン。こちらは”高度管理医療機器”のに当たるので、医療機器として分類されています。つまり購入には処方箋が必要となるのです。

・目の色を変えて楽しむ”おしゃれ用”のカラコンは”雑貨品”
・眼科で販売されているカラコンは”医療用”なので処方箋が必要

この2種類のカラコン(カラーコンタクト)なのですが、問題なのが前者の雑貨品として扱われている“おしゃれ用”のカラコンです。以前は雑貨店などで誰でも購入できていたのですが、目に傷がついてしまったり、視力低下につながったり、最悪失明など重大な事故につながるケースが多発していました。

これによって平成21年初頭よりカラコンは規制させるようになり、薬事法の管轄内にあるので、購入には医師の処方箋が必要となっているのです。

通販のカラコンはなぜ処方箋がいらない?

「処方箋が必要!?」そこで疑問が浮かびますよね。
ネット通販などではカラコンが処方箋なしで購入できたりします。

これはカラコンを海外から輸入しているので、取引が規制外となるため、処方箋がなくても購入できるのです。ただ処方箋なしで購入している為、何かトラブルがあった場合は自己責任となります。

ネット通販ではカラコンを格安で購入することができるのですが、処方箋がない分デメリットもあるので、そう言ったことを踏まえたうえで購入するようにしましょう。

あとネット通販の場合は、そのショップの製品が本当に安全なものかネットの口コミなどを調べてから購入するようにしましょう。

Copyright © カラコンの危険性と安全な使用方法 All rights reserved