Home > 規制について

カラーコンタクトの規制について

カラーコンタクトが規制されるようになったのは平成21年からです。
それまでのカラーコンタクトは雑貨店などで簡単に手に入るようなアイテムで、目に入れるものではありますがオシャレアイテムという意識が強かったと思います。
ですが、雑貨店などで販売されているカラーコンタクトは粗悪品が多く、失明したり目に傷が入ったりといった重大な事故につながるケースが多発したのです。
それを受けて規制されるようになりました。

平成21年11月4日より規制されるようになったカラコンは薬事法の管轄内にあります。
薬事法において高度管理医療機器と制定されたので、厚生労働省の認可が下りなければ販売することができなくなったのです。
この高度管理医療機器は私たち購入者側も医師の処方箋なしに購入することはできません。
つまり、カラーコンタクトも通常の度ありコンタクトレンズ同様、医師の検査を受けて購入しなければならなくなったのです。

眼科でも以前よりカラーコンタクトは販売されていました。
しかし、眼科で販売されているのは色素沈着など目の疾患による対策のための品でした。
そのため、おしゃれ用と比べると種類は少ないですし、オシャレ感を感じることはできません。
最近はおしゃれ用カラコンの取り扱いを始める眼科も増えてきたので以前よりも購入しやすくなったといえます。

また、規制されるようになってから取扱店でも粗悪品を置かなくなったために事故も少なくなりました。
雑貨店などではおしゃれ用カラコンの取り扱いがあるので眼科で検査を受けた上で処方箋を持っていけば購入することができるのです。

Copyright © カラコンの危険性と安全な使用方法 All rights reserved