Home > 危険性

カラーコンタクトの危険性

カラーコンタクトの危険性について考えてみたいと思います。

以前は雑貨店などに行けばカラーコンタクトを誰でも入手することができました。
つまり、特に目が悪くない方でもオシャレ目的でカラーコンタクトを購入できたのです。
しかし、雑貨店などで販売されているカラーコンタクトというのは粗悪な品が多かったのです。
そのために失明したり視力低下が起こったり、その他の目に関する重大な症状が起こることも多かったようです。

本来、カラーコンタクトも度ありのコンタクトレンズのように医師の検査を受けて購入しなければなりません。
以前はカラーコンタクト自体は医療機器ではなかったために処方箋なしで購入しても取り締まりなどは受けていませんでした。
ですが、カラーコンタクトによる重大な事故を受けて平成21年より薬事法で取り締まるようになりました。
薬事法ではカラーコンタクトも度あり同様に高度管理医療機器とすることになりました。
これは医師の診断なしには購入できないということです。

販売する側にも規制がかけれらるので処方箋なしに売ることもできません。
カラーコンタクトの危険性については正しい使い方をすれば全く問題にならないものです。
オシャレ目的であろうと通常の度ありのコンタクト同様に清潔に扱っていれば目に障害が起こることもないのです。

これからカラーコンタクトを使おうと考えている方は危険性も考慮した上で正しい使い方をするように心がけ、オシャレを楽しんでいきましょう。

Copyright © カラコンの危険性と安全な使用方法 All rights reserved