Home > 安全なカラーコンタクトとは

安全なカラーコンタクトとは!?

安全なカラーコンタクトの条件について考えてみたいと思います。

カラーコンタクトレンズは通常の度ありのコンタクトレンズとは違い、医療機器とは指定されていませんでした。
しかし取り締まりがないことが安全性のなさに繋がり、失明や視力低下といったカラーコンタクトレンズによる事故が多発しました。
それを受けて平成21年よりカラーコンタクトレンズは高度管理医療機器として取り扱われるようになったのです。
薬事法で規制されるため、以前のように雑貨店などで気軽に購入ということもできなくなりました。

薬事法で規制されているという点だけでも安全なカラーコンタクトレンズだといえます。

カラーコンタクトレンズの本来の目的は角膜の濁りがあるなど目に異常がある方が使用するものでした。
しかし黒目を大きく見せたいとか外国人のような青い目になりたいなどファッション性を求める方が使用するようになったのです。
そういった方は本来であればコンタクトレンズをしなくても目が見えるという目が良い方が多いようです。
ですので眼科医の検査を受けずに購入する方が多かったのです。

薬事法で取り締まることにより眼科医の処方なしに購入することができなくなりました。
眼科医に指導の元、コンタクトレンズを購入すれば安全に使用することができます。
度ありのコンタクトレンズを購入する際にも処方箋は必要なので、カラーコンタクトレンズもそのように規制されたのです。

安全なカラーコンタクトを求める方は必ず医師の検査を受けて購入するようにしましょう。

Copyright © カラコンの危険性と安全な使用方法 All rights reserved