Home > 眼科と通販のカラコンの違い

眼科と通販のカラコン(カラーコンタクト)の違い

眼科の販売しているカラーコンタクトと通販で購入できるカラコンの違いについて説明したいと思います。

両者の違いで一番決定的なのは安全性になります。
眼科で販売されているカラーコンタクトは高度管理医療機器となっています。
これは厚生労働省において認定されているということで、法によって保護されているものなのです。
注射器や点滴などと同様に眼科で販売しているカラーコンタクトは医療機器ということになります。

一方で通販などで購入できるカラコンのほとんどが雑貨扱いとなります。
以前はどこの雑貨店などでもカラコンが購入できたのですが、最近は取り締まりが厳しくなったために一部の通販でしか購入できなくなりました。
通販のカラコンは色素などがむき出しの状態になっています。
これは価格を安価にするためですが、色素が直接目につく訳なので失明の危険性が増したり、目が傷ついたりする事故が起こるのです。

このような事故が多発したために薬事法で取り締まることになったのです。

通販の中にも薬事法通り高度管理医療機器としてカラコンを販売しているところはあります。
しかし、その場合は必ず医師の処方箋が必要となります。

眼科で販売しているカラーコンタクトにはもちろん処方箋がありますので処方箋の有り無しで判断することもできるでしょう。

一般的に処方箋なしで購入できるカラコンは危険かも知れないと疑った上で使用した方が良いと思います。
自己判断になりますので注意点をよく守り安全に使用していきましょう。

Copyright © カラコンの危険性と安全な使用方法 All rights reserved