Home > 目が悪くなくても使える?

カラーコンタクトは目が悪くなくても使えるのか?

カラーコンタクトレンズを使用する上で気になるのが目が悪くなくても使えるのかという問題です。

通常の度ありのコンタクトレンズであれば目が悪い方が使うものになります。
しかし、カラーコンタクトレンズにはオシャレ用に度なしのものが販売されているのです。
度なしの場合はPWRの数値が0.00となっています。

ただし目が悪くない方も悪い方もカラーコンタクトレンズの使用上の注意をよく守って使うようにしましょう。
カラコンはあくまでも角膜に直接乗せて使うものになります。
高度管理医療機器に指定されている医療機器なので扱いは慎重に行わなければならないのです。

装着前には手を清潔にし、爪も短く切っておきます。
これは手から雑菌が入ったり、爪で角膜を傷つけるのを防ぐためです。

カラコンにも裏表があるので確認して入れてみて違和感があればすぐに外しましょう。
裏表が逆だとすごく違和感を感じます。

更にカラコンの場合は酸素の浸透率が低く設定されている場合があり、乾燥がちになります。
乾燥した場合には一度装着しなおすか、目薬などで対応するようにしましょう。
目の乾燥によって角膜に傷が入る可能性もあるので注意して下さい。

目が悪くなくてもカラコンは使うことができますが、長時間の使用は避けた方が良いといえます。
カラコンは目に負担をかけているので、目が悪くなくても使うことによって視力低下を招く可能性もあるのです。

違和感などを感じることがあればすぐに眼科を受診してみてもらうようにしましょう。

Copyright © カラコンの危険性と安全な使用方法 All rights reserved